【中止となりました】”がんと生きる” ってどういうこと? 2020年1月26日(日)南街公民館

「まさか自分が・・・」「まさか家族が、友人が・・・」
そのまさかが、明日くるかもしれません。

今回のヒガシヤマト未来大学の講座のテーマは「がん」です。

「がんは、万が一じゃなく二分の一。」

そんなCMを見たことがある人も多いのではないでしょうか?
今となってはがんを克服し、元気に過ごされる方たちも多く、治らない病気という認識は薄くなっているかと思います。

でも、いざ自分がなったら?
周りの大切な人がなってしまったら?

まず何をすれば良いのか、
そもそもがんってどういう病気だっけ、がんになった家族にどうやって声をかけたら良いんだろう・・・

そんなことを想定している人はどのくらいいるでしょう。
「知らない」ということにすら気付いてなかったけれど、生きている以上
本当は「がん」ってもっと身近なものではないでしょうか。

この授業では公益社団法人日本対がん協会の是澤聡子さんをお呼びして、みんなでがんについて考えてみます。

当日はがんの基本的なことを学びながら、自身のことだけじゃなく、
周りとの関係性や、ライフステージの中でがんを考えていくきっかけにしたいと考えます。
授業後には、自分や家族の未来、生きることへの視野が少し広がると思います。

大学の1コマだと思ってお気軽にご参加ください。

(この授業は2018年シブヤ大学さんでも実施しました。)

・・・

【ヒガシヤマト未来大学授業】
”がんと生きる”ってどういうこと?

日時:1月26日(日) 10時〜12時
場所:東大和市南街公民館和室
参加:無料

●先生
是澤 聡子さん (公益財団法人日本対がん協会 リレー・フォー・ライフ<RFL>担当 )
RFLは約30か国で開催されている世界最大規模のがん征圧・患者支援チャリティプロジェクト。RFLで多くのサバイバー(がん経験者)から体験を聞く中で、「がんになる前に知っていればよかった」という情報を伝えること、がんやがん患者についての思い込みを変えるべく、自分自身の問題として「がんに備える」ための啓発に取り組んでいる。趣味はジョギングと食べ歩き。日本酒をこよなく愛するケアギバー。

・日本対がん協会:http://www.jcancer.jp/
・リレー・フォー・ライフ・ジャパン:https://relayforlife.jp/

●講座の流れ
9:45  受付開始
10:00 授業開始 はじめに(諸注意など)
10:10 自己紹介と今回の講座で知りたいこと・疑問に思っていることワーク
10:30 先生のお話 質疑応答 サバイバーからみなさんへ
11:45 まとめ
12:00 終了/集合写真

●こんな人に来てほしい
・がんにかかったことのない人
・恋愛、結婚、出産、育児、マイホーム購入、介護などさまざまなライフステージに生きる人
・周り(家族、同僚、友人)にがん患者がいらっしゃる人

●申し込み方法
こちらのgoogleフォームに氏名とメールアドレスをご記入ください。
https://forms.gle/cxFvRS3V2KadvwLH7

コメント