【2019年度講座】土から学ぶ食のこと~自然を生かして、人と地域を広げよう~


イベント詳細

このイベントは06 7月 2019に終了しました


自然農法について食を通じて学びながら、東大和の身近な自然を生かしてつながったり、情報を発信していきませんか。
昨年度のヒガシヤマト未来大学講座「想いやアイディアをカタチにしよう♪」の参加者が企画した講座です。

全5回 土曜日開催

5月25日 6月1日・22日・29日 7月6日

時間:午後2時~4時(第4回は午前10時~午後1時)

講師紹介

内野滋一氏(市内農家)

昭和23年東大和市に生まれる。東京農業大学卒業。昭和58年に全国開拓農業協同組合連合会を脱サラし、自然農法の野菜栽培に取り組み現在に至る。平成11年に生産者と消費者を結ぶ地産地消を取りまとめた東大和市共同直売所を設立し都市農業の販路拡大に取り組む。平成12年に企業的農業経営者顕彰受賞。その後東京みどり農協理事に4期(12年)就任。さらに平成23年には東大和市自然農法研究会(平成9年設立)にて化学肥料・農薬等使用しない自然農法の栽培方法に拘りを持ち、企業的農業経営者顕彰(集団)を受賞。平成26年に現在の仲原地区のみどりっ子を設立。同年内田農業振興会より緑緩功労賞受賞。氏の永年に亘り都市農業・地域農業の発展、地域社会への取り組みに寄与された功績は多大である。

栗栖佳代氏(「クリカ食堂」主宰)

大学卒業後自動車メーカーにて勤務。勤務中の体調不良改善のため食生活を見直す。その経験により食の重要性を痛感。フードコーディネーターの資格を取得し、ケーキ店で販売担当として勤務。その後料理教室講師等を経て出産。出産にあわせて東大和市へ。趣味でパンやお菓子を作っていたが、東大和マママルシェで販売したベーグルが好評を得て、その後自宅での料理教室「クリカ食堂」を開始。現在小平市一橋学園にあるシェアキッチン「学園坂タウンキッチン」で毎週火曜日ベーグルとスコーンの店を営みながら、自宅で保存食づくりや料理の教室を不定期で開催。「シンプルなおいしさ、季節がつくるおいしさ」をテーマに、忙しい日々でも取り入れやすい料理作りの提案を心がけている。

 

定員:20人(申込順)第4回は家族参加大歓迎!
開催場所:東大和市中央公民館他
申込方法:電話、FAX、メールにて受け付けます。
東大和市立中央公民館 電話番号 042-564-2451/FAX 042-563-5934
メール chuokominkan@city.higashiyamato.lg.jp